« 前の記事「」へ
次の記事「」へ »

令和2年1月24日(金)曇り

2020年1月25日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れさまです。塗替銀次の一志です。

北九州市小倉南区舞ヶ丘のIさま邸です。

今日は、ベランダのサイディングを貼りました。

写真は、施工前です。

笠木に手摺のついたタイプのベランダです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回解体してみると、このように下地の木部が腐朽していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に考えられる原因は、こちらの写真に写っている部分です。

笠木の板金に取り付けられている手摺の根本です。

板金の天板にビスで下地の木部まで貫通して止めているため、隙間があれば雨水は侵入して、下地を侵してしまいます。

板金の天板にビスや釘を打つのは雨仕舞的にやってはいけないことですが、このような施工がされているのも多く見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、朽ちていた木部は取り替えて、防水紙や防水テープでしっかりと雨仕舞をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その上から木製ではなく、窯業系のサイディングを貼って、シーリングで隙間を埋めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで下地の完成です。

このあと、板金を天板に釘を打つのではなく、接着する方法で被せます。

雨の侵入のリスクを限りなく少なくなる方法で施工することが重要です。

 

いつもありがとうございます。

 

« 前の記事「」へ
次の記事「」へ »
お問い合わせフォームはこちら0120-50-4093
無料お見積もり作成はこちらをクリック

※お約束します。 強引な売込みは一切致しません