« 前の記事「」へ
次の記事「」へ »

令和2年9月10日(木)晴れ

2020年9月10日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れさまです。塗替銀次の門岡一志です。

北九州市小倉南区のEさま邸です。

今日は、外壁の中塗りをおこないました。

いよいよ色が付いてイメージが変わっていきます。

下塗り~中塗り~上塗りと順番に塗っていくわけですが、ここで大切なことがいくつかあります。

①塗料には薄めてよい範囲が決められている。

塗料には、それぞれ水性ならば水、弱溶剤・溶剤ならば専用のシンナーなどで希釈率(薄めてよい範囲)が決まっています。

薄めれば薄めるほど塗料の持ちは短くなります。

ですから、必要に応じてですが出来るだけ薄めずに塗ります。

②塗料には次に塗るまでの間隔時間が決められている。

これも塗料ごとに一度塗ってから次に塗るまでに何時間以上・何日以内という期間が決められています。

この期間を守ることもとても重要です。

これは塗料を造った各メーカーさんが『塗膜をしっかりと形成するには、これだけ時間がかかりますよ!』と言っているのです。

ですからこれを守らずに、経験と勘だけで、触ってみて『乾いているから大丈夫!』と塗ってしまうのは危険です。

あとあと不具合が起きる原因にもなりかねません。

どちらも説明書をよく読んで、当たり前のルールに従って塗装工事を進めていけばよいのですが、なかなかこんな事でも出来てない業者さんが居るのが現実です。

塗装工事は良い塗料と良い職人さんの二つが揃って、はじめて長持ちする良い塗装が実現します。

少しでも長持ちするよう心を込めて毎日塗っています。

 

いつもありがとうございます。

 

« 前の記事「」へ
次の記事「」へ »
お問い合わせフォームはこちら0120-50-4093
無料お見積もり作成はこちらをクリック

※お約束します。 強引な売込みは一切致しません